製薬業界への道~技術職からの業界研究~

製薬業界や企業について紹介しているブログです。製薬企業の技術職(研究職・生産技術職・品質試験職)を目指している方の目線で解説しています。

国内に参入している外資系製薬のまとめ・一覧

f:id:Cooperkun:20210619000934j:plain

国内には外国法人又は外国人が一定以上の出資をしている外資系と呼ばれる製薬会社があります。外資系企業にとって日本の法人はあくまで拠点の一つとなっており、会社によっても日本法人の立ち位置は大きく異なります。そこで、今回は国内外資系製薬会社の特徴(歴史や従業員数、売上など)をまとめました。公開している情報などからそれぞれの企業の特徴を読み取りましょう!

外資系製薬会社に関しては日本製薬工業協会の会員会社を参考にしています。

  

スポンサーリンク

 

 

アストラゼネカ株式会社

アストラゼネカはイギリスの製薬会社です。日本のアストラゼネカ(株)は2000年にアストラジャパン(株)とぜネカ(株)の合併により設立されました。従業員は約3,100名です。2020年度におけるグローバルの売上高は266億ドル、日本の売上高は26.2億ドルでした。オンコロジーや循環器・腎・代謝/消化器、呼吸器・免疫をメインに活動しています。

本社:大阪府大阪市

工場:滋賀県米原市

 

アッヴィ合同会社

アッヴィはアメリカの製薬会社です。2013年にアボットラボラトリーズ社の分社化により誕生したバイオ医薬品企業です。2020年にはアラガン社と統合しました。従業員は約1,300名です。2020年度におけるグローバルの売上高は458億ドル、2019年度における日本の売上高は1,245億円でした。世界初のヒト型抗ヒトTNFα​モノクローナル抗体製剤「ヒュミラ」を開発した会社です。

本社:東京都港区

工場:ー

 

アムジェン株式会社

アムジェンはアメリカのバイオテクノロジー企業です。日本では1984年にキリン・アムジェン社を設立以来、大手製薬企業数社とのパートナーシップを締結し活動してきましたが、アムジェンの完全子会社化を見据え2013年にアステラス製薬合弁会社アステラス・アムジェン・バイオファーマ(AABP)を設立しました。その後、2020年にAABPは、アムジェンの日本における完全子会社「アムジェン株式会社」となりました。従業員は約600名です。2020年度におけるグローバルの売上高は254億ドルでした。

本社:東京都港区

工場:ー

 

MSD株式会社

メルク・アンド・カンパニーはアメリカの製薬会社です。米国とカナダでは「Merck」その他の地域では「MSD」を使用されています。日本では2010年に万有製薬株式会社とシェリングプラウ株式会社が統合し、MSD株式会社が誕生いたしました。また、日本MSD合同会社は地域採用を実施し、MSDの製品を共同でプロモーションしています。従業員は約3,200名です。2020年度におけるグローバルの売上高は480億ドル、日本の売上高は3,481億円でした。がん免疫療法薬で抗PD-1抗体の「キイトルーダ」が主力製品として有名です。

本社:東京都千代田区

工場:埼玉県熊谷市

 

グラクソ・スミスクライン株式会社

グラクソ・スミスクラインはイギリスの製薬会社です。日本では1973年に新日本実業(株)と英国グラクソ社との合弁会社として日本グラクソ(株)が設立されました。その後、統合等を繰り返し、2006年に100%グラクソ・スミスクラインのグループ会社となりました。2020年度におけるグローバルの売上高は340億ポンドでした。グラクソ・スミスクラインは医療用医薬品、ワクチン、コンシューマーヘルスケアという3つの事業をグローバルに展開しており、各セグメントの売上は170億, 70億, 100億ポンドでした。

本社:東京都港区

工場:栃木県日光市

スポンサーリンク

 

サノフィ株式会社

サノフィはフランスの製薬会社で、ワクチンの製造販売で世界最大規模を誇っています。日本ではサノフィ・サンテラボ(株)とアベンティス ファーマ(株)の合併により発足しました。従業員は約1,800名です。2020年度におけるグローバルの売上高は360億ユーロ、日本の売上高は約17億ユーロでした。サノフィは2017よりエスエス製薬(株)がサノフィ(株)のグループ会社となりました。その他に合弁会社としてOTC事業を担う久光-サノフィ(株)やジェネリック医薬品事業を担う日医工サノフィ(株)があります。

本社:東京都新宿区

工場:埼玉県川越市

 

セルジーン株式会社

セルジーンは2019年にブリストル・マイヤーズ スクイブ社の完全子会社となりました。これに伴い、日本法人もブリストル・マイヤーズスクイブ社と統合する予定です。

 

日本イーライリリー株式会社

イーライリリーはアメリカの製薬会社です。日本では1975年に兵庫県神戸市に設立し、世界でも米国本社に次いで大きい拠点となっています。従業員は約2,900名です。2020年度におけるグローバルの売上高は245億ドル、日本の売上高は2,671億円でした。現在の注力領域としては糖尿病、がん、神経変性疾患、自己免疫疾患、疼痛の5つを挙げています。

本社:兵庫県神戸市

工場:東京都神戸市

 

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

ベーリンガーインゲルハイムはドイツの製薬会社で、株式を公開しない企業形態を取っています。1955年に日本市場に参入し、現在は医療用医薬品とアニマルヘルス事業をおこなっています。アニマル事業はベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン株式会社、医薬品の製造はベーリンガーインゲルハイム製薬株式会社が担っています。日本ベーリンガーインゲルハイム(株)の従業員は約1,600名です。

本社:東京都品川区

工場:山形県東根市

 

ノバルティス ファーマ株式会社

ノバルティスはスイスの製薬会社です。1996年にチバガイギーとサンドの合併し、設立されました。日本ではノバルティス ファーマ(株)が1997年に設立され、グループ会社としてバイオシミラーとジェネリック医薬品を扱うサンド(株)とノバルティスの生産部門を担う日本チバガイギー(株)があります。従業員は約3,400名です。2020年度におけるグローバルの売上高は487億ドルでした。領域問わず、幅広い医薬品を提供しています。

本社:東京都港区

工場:兵庫県丹波篠山市

スポンサーリンク

 

ノボ ノルディスク ファーマ株式会社

ノボ ノルディスクはデンマークの製薬会社です。日本では1955年よりノボ ノルディスク製品の流通が始まりました。従業員は約1,100名です。2020年度におけるグローバルの売上高は127億デンマーク クローネ、日本の売上高は978億円でした。インスリン製剤が非常に有名であり、現在は糖尿病、血友病、成長障害に注力しています。

本社:東京都千代田区

工場:福島県郡山市

 

バイエル薬品株式会社

バイエルはドイツのライフサイエンス企業で、解熱鎮痛薬アスピリン」を発明した会社で有名です。日本では1911年にフリードリヒ・バイエル合名会社を設立し、1962年にバイエル社の全額出資で医療用医薬品・コンシューマーヘルスを扱う「バイエル薬品(株)」を設立しました。「バイエル クロップサイエンス(株)」は日本でクロップサイエンスを扱っています。日本での従業員は約2,600名です。2020年度におけるグローバルの売上高は414億ユーロ、日本におけるバイエルの売上高は2,711億円でした。

本社:大阪府大阪市

工場:滋賀県甲賀市

 

バイオジェン・ジャパン株式会社

バイオジェンはアメリカの製薬会社です。日本では2000年から活動をしています。バイオジェンのミッションは「ニューロサイエンス(神経科学)をリードする」であり、日本で現在、多発性硬化症治療薬の3製品と脊髄性筋萎縮症治療薬を提供しています。2020年度におけるグローバルの売上高は134億円でした。

本社:東京都中央区

工場:ー

 

ファイザー株式会社

ファイザーアメリカの製薬会社です。1953年に日本に進出し、現在の日本法人の従業員は約3,600名です。2020年度におけるグローバルの売上高は419億ドル、日本の売上高は2,510億円でした。2018年にバイオシミラービジネスへも参入しています。

本社:東京都渋谷区

工場:愛知県知多郡

 

ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

ブリストル マイヤーズ スクイブはアメリカの製薬会社です。スペシャリティ・バイオファーマ企業として、がんやウイルス性疾患、心血管疾患、免疫系疾患などの領域で新薬開発に注力しています。日本法人の1960年に開設し、現在の従業員は約1,700名です。2020年度におけるグローバルの売上高は425億ドル、日本の売上高は1,333億円でした。

本社:東京都新宿区

工場:愛知県額田郡

スポンサーリンク

 

マイランEPD合同会社

マイランはアメリカの製薬会社です。2020年にマイランとファイザーのアップジョン事業部門が統合しヴィアトリスを設立しています。日本では2007年にドイツのメルクKGaAを買収し、事業を開始しています。マイランEPDはアボット ジャパン株式会社EPD医薬品事業部が前身であり、マイラン社とアボット社の一部との統合によりできた会社です。現在の従業員は約950名です。2020年度におけるグローバルの売上高は119億ドルでした。

本社:東京都港区

工場:福井県勝山市

 

メルクバイオファーマ株式会社

メルクはドイツの化学品・医薬品メーカーです。日本では2007年よりバイオ医薬品事業部門の日本法人としてメルクセローノ(株)を発足、2007年にメルクバイオファーマ(株)となり、現在はがん、がん免疫、不妊治療などの領域にフォーカスしています。従業員は約300名です。

本社:東京都目黒区

工場:神奈川県愛甲郡

 

ヤンセンファーマ株式会社

ヤンセンはベルギーに本社を置くジョンソン・エンド・ジョンソンの医療用医薬品部門です。日本ではヤンセン協和株式会社を1978年に設立し、2002年にヤンセンファーマになりました。従業員は約2,400名です。2020年度におけるグローバルの売上高は456億ドルでした。がん、免疫疾患、精神・神経疾患(中枢神経・疼痛)、感染症・ワクチン、代謝・循環器疾患、肺高血圧症の6つの疾患領域に注力しています。

本社:東京都千代田区

工場:静岡県駿東郡

 

ユーシービージャパン株式会社

ユーシービーはベルギーの製薬会社です。日本では1988年に ユーシービージャパンを設立しました。2020年度におけるグローバルの売上高は53億ドルでした。従業員は約530名です。てんかん薬「イーケプラ」、「ビムパット」や関節リウマチ治療薬および乾癬治療薬「シムジア」が主力製品となっています。

本社:東京都新宿区

工場:埼玉県入間市

スポンサーリンク