製薬業界への道~技術職からの業界研究~

製薬業界や企業について紹介しているブログです。製薬企業の技術職(研究職・生産技術職・品質試験職)を目指している方の目線で解説しています。

製薬会社で薬剤師免許は必要?薬剤師免許が必須な職種とは

f:id:Cooperkun:20210606160315p:plain

薬剤師は「薬の専門家」を示す国家資格です。病院や薬局、ドラッグストアに薬剤師が在籍していることは多くの人に知られていますが、製薬会社に勤める上で必要な資格なのでしょうか。今回はこの疑問について解説していきます。

  

スポンサーリンク

 

薬剤師になるためには?

試験会場へ向かう学生のイラスト

薬剤師の資格を取得するには、大学で6年制の薬学部へ進み、薬剤師養成課程を修了後、年に一度実施される薬剤師国家試験に合格することが必要です。薬学部には4年制と6年制の二種類があるので注意が必要です。薬剤師養成課程が6年制となったのは2006年4月以降と比較的新しい制度となっています。2006 年度から2017 年度までの間は経過措置として、4 年制の薬学部でも一定の要件を満たした学生は薬剤師国家試験受験資格を得られましたが、この経過措置は終了しました。

 

製薬会社で薬剤師免許は必要?

薬剤師のイラスト(男性)

結論を先に述べると、製薬会社で薬剤師免許は必須ではありません。実際、製薬会社で働いている多くが薬剤師免許を持っていません。しかし、薬剤師免許がないと出来ない職種があります。

以下で詳しく解説していきます。

 

薬剤師免許が必須となる職種

総括製造販売責任者

f:id:Cooperkun:20210608182948p:plain

総括製造販売責任者は「品質管理及び製造販売後安全管理の総括的な責任を負う者」とされ、製造販売業者に必ず設置される医薬品の品質管理・安全管理を適切に行うための総責任者です。品質管理業務について一義的に責任を有する「品質保証責任者」と製造販売後安全管理業について責任を有する「安全管理責任者」の三役が相互に連携する役割を担っています。例外もありますが、「法令違反を防ぐため、許可等業者において法令を遵守して業務を行うことを確保するため」に製造販売業者では薬剤師の設置が求められています。

医薬品製造管理者

f:id:Cooperkun:20210608234554p:plain

医薬品製造管理者は製造業者に設置されるGMP組織を統括するポジションです。GMP組織は医薬品を製造する製造部門と品質を保証する品質部門が独立して存在しています。この部門を統括するのが医薬品製造管理者であり、GMP組織に必ず設置される責任者となっています。

 

管理薬剤師

管理薬剤師はその名の通り医薬品を管理する職種です。勤務地は工場や本社、営業所と多岐に渡ります。管理薬剤師は企業で働く薬剤師といイメージであり、新卒採用では募集されていないことが多いです。

スポンサーリンク

 

まとめ

製薬会社で働くために薬剤師免許は必要か?について解説してきました。薬剤師国家試験を受験するために必要な薬剤師養成課程が6年制になったのは2006年であり、製薬会社で働いている40代以上の社員は薬学部で学んでいれば薬剤師免許を取得できる仕組みでした。そのため、薬剤師免許を取得している人も多くいましたが、6年制となった現在は薬剤師免許を取得している人は少なくなっています。

薬剤師免許を取得した方であれば、薬剤師免許が必須な役職を目指していくのも一つのキャリアプランです。一方、薬剤師免許を持っていない方は大学院で打ち込んだ研究などの経験がキャリアに活かせるでしょう。そのため、自分自身の経験に自信をもってキャリアを考えてください。

スポンサーリンク