製薬業界への道~技術職からの業界研究~

製薬業界や企業について紹介しているブログです。製薬企業の技術職(研究職・生産技術職・品質試験職)を目指している方の目線で解説しています。

2021年ニュースまとめ 協和キリン株式会社【随時更新】

f:id:Cooperkun:20210209182536j:plain

1月

1月6日 バルドキソロンメチル 日本でP3スタート

Reata Pharmaceuticals Inc.から導入したバルドキソロンメチル(RTA 402)について、常染色体優性多発性嚢胞腎患者を対象に第三相試験を開始したと発表しました。協和キリンは2019年12月24日にReata Pharmaceuticals Inc.とRTA 402のの日本、中国、台湾、韓国及び東南アジア諸国における腎疾患などを対象とした独占的開発・販売権を取得するライセンス契約を締結しています。

 

1月7日 尋常性乾癬治療剤「ドボベット」のフォーム剤 販売

レオ ファーマは尋常性乾癬治療剤「ドボベット」のフォーム剤について、製造販売承認を取得したと発表しました。ドボベットの軟膏剤やゲル剤についてはレオ ファーマが過去に製造販売承認を取得しており、協和キリンが販売ならびに MR による医療機関への情報提供活動を実施しています。今後は「ドボベット」のフォーム剤についても、上記の活動を実施していきます。

 

2月

2月4日 2020年12月期 決算発表

2020年12月期の決算が公表されました。売上収益は前年比125億円増の3,184億円、コア営業利益は6億円増の600億円となりました。地域別では日本が「ネスプ」や「パタノール」、「アレロック」等の減収による148億円減、北米は「Crysvita」や「Nourianz」が売上を拡大し209億円の増、EMEAは「Crysvita」が成長し55億円の増、アジア/オセアニアは中国で「regpara」が成長し27億円増となりました。

 

2月4日 2021-2025年中期計画 発表

2030年に向けた新ビジョン及び2021-2025年中期計画を発表しました。中期計画では①アンメット・メディカル・ニーズを満たす医薬品の提供②患者さんを中心においた医療ニーズへの対応③社会からの信頼獲得の三つの戦略を柱に据えています。また、戦略を実行するために人材育成、組織力、デジタル基盤をさらに充実させ、changing な価値を実現する人材・基盤の強化を行うとしています。

 

www.seiyakunomichi.com

スポンサーリンク