製薬業界への道~技術職からの業界研究~

製薬業界や企業について紹介しているブログです。製薬企業の技術職(研究職・生産技術職・品質試験職)を目指している方の目線で解説しています。

【随時更新】アステラス製薬の2021年ニュース 製薬会社・企業研究

f:id:Cooperkun:20210202002826j:plain

1月

1月13日 Actinium Pharmaceuticals社と分子標的型放射線治療の共同研究を開始

アステラス製薬がRx+事業の一環としてActinium Pharmaceuticals社と分子標的型放射線治療に関する共同研究を開始したと発表しました。Rx+事業とはアステラス製薬の医薬品事業で培った強みを外部の最先端の医療技術や異分野の技術・治験を融合させることで新たなヘルスケアソリューションの創出を目指した事業です。本共同研究はアステラス製薬のがん領域標的分子とActinium社が有するα線放出核種(Actinium-225)を用いた核医学の技術を組み合わせた治療薬の効果の検証に取り組みます。

 

1月14日 アコファイド錠の共同販促終了

ゼリア新薬と共同で行ってきた、「アコファイド錠」の販促活動を2021年3月31日をもって終了し、アステラス製薬が行っている流通・販売をゼリア新薬に移管すると発表しました。「アコファイド錠」は機能性ディスペプシア治療剤であり、ゼリア新薬によって創製された医薬品です。ゼリア新薬が製造販売承認を取得し、アステラス製薬が販売、両社で販促活動を行っていました。

 

1月15日 北里研究所へ菌株Acremonium chrysogenumの譲渡

学校法人北里研究所 北里大学 大村智記念研究所 感染制御研究センターに対し、菌株Acremonium chrysogenumの無償譲渡を2020年12月11日に実施したと発表しました。この無償譲渡は社会貢献活動の一つである「医学振興への貢献」に基づいて実施されました。

 

1月25日 焼津技術センター内に無菌製剤製造ラインを新設

生産子会社であるアステラス ファーマ テックの焼津技術センター内に無菌製剤の製造ラインを新設することを決定したと発表した。今回新設するのは抗体医薬品の商用製剤と治験薬製剤の製造ラインでそれぞれ既存の建物内に整備されます。総工費は約180億円を見込んでいます。

 

1月26日 バンダイナムコエンターテインメントとの共同開発アプリ 無料提供開始

バンダイナムコエンターテインメントと共同開発したWEBアプリ「Project ABCパックマン スクワットチャレンジ」を無料で提供すると発表した。提供期間は4週間の予定。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により運動不足が問題となっており、この課題解決としてバンダイナムコエンターテインメントと共同で本webアプリが開発されました。

  

1月29日 2020年度第3四半期の決算公表

2020年度第3四半期の決算を公表しました。主力製品の「イクスタンジ」や「ゾスパタ」などの売上が引き続き増加した一方、欧州で「ベシケア」や日本で「セレコックス」の独占販売期間が満了した影響などで売上収益は前年同期比4.8%減の9,409億円となりました。2020年10月に公表した通期予想は据え置き、修正はありません。

 

2月19日 経口の非ホルモン治療薬「fezolinetant」P3で主要評価項目を達成

経口の非ホルモン治療薬「fezolinetant」が閉経に伴う中等度から重度の血管運動神経症状に対する治療薬として実施していたグローバル第Ⅲ相臨床試験で主要評価項目を達成したと発表しました。

www.seiyakunomichi.com

スポンサーリンク