製薬業界への道~技術職からの業界研究~

製薬業界や企業について紹介しているブログです。製薬企業の技術職(研究職・生産技術職・品質試験職)を目指している方の目線で解説しています。

【随時更新】武田薬品工業の2021年ニュース 製薬会社・企業研究

f:id:Cooperkun:20210202002108j:plain

1月

1月5日 Cheplapharm社へのノンコア資産譲渡が完了

 Cheplapharm社へ5億6200万米ドルでのノンコア資産譲渡が完了したと武田薬品が発表しました。本譲渡契約は2020年9月に公表された内容で、ノンコア資産は主にヨーロッパとカナダで販売されている循環器/代謝疾患薬や抗炎症薬、カルシウム剤などで構成されています。

 

1月8日 グローバルに活躍する幹部候補加速に向け新たな人事制度導入

国内のビジネス部門の従業員を対象に幹部候補生を公募型で選抜し、早期にリーダへと育成する「アジャイルプログラム」の導入を発表しました。対象者は幹部候補生として6~8年のプログラム期間で複数のジョブローテーションをおこない、スキル・リーダーシップを身に付けます。

 

1月18日 田辺三菱製薬と社内評価データ共有

田辺三菱製薬株式会社(田辺三菱製薬)はオープンイノベーションの一環として武田薬品と社内評価データを共有し、創薬の加速化を目指す枠組みを構築したとを発表しました。今回の枠組みは公知化合物に関する初期の薬効評価および初期ADMETox評価データの一部を共有し、両社の創薬活動で活用することとしています。

 

1月21日 Moderna社の新型コロナワクチン 国内で臨床試験開始

Moderna社の新型コロナウイルス感染症ワクチン候補(TAK-919)の国内での臨床試験(P1/2)を開始したと発表しました。本試験は成人被験者200例を対象に、TAK-919の安全性および免疫原性を評価するプラセボ対照試験であるとしています。

 

1月22日 ALK阻害剤の「アルンブリグ」が承認取得

武田薬品はALK阻害剤の「アルンブリグ」(一般名:ブリグチニブ)がALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌を適応とする一次および二次以降の治療薬として製造販売承認を取得しました。

 

スポンサーリンク

 

2月

2月1日 Hypera Pharma社への一部の一般用医薬品およびノンコア資産譲渡が完了

Hyper Pharma社へ8億2500万米ドルで一部の一般用医薬品およびノンコア資産譲渡が完了したと武田薬品が発表しました。本状と契約は2020年3月に発表されたものであり、ブラジル、メキシコ、その他の中南米諸国およびカリブ海諸国における一部の一般用医薬品、医療用医薬品が対象です。

 

2月1日 Corza Health社へ「TachoSil」の譲渡完了

フィブリノゲン配合組織接着・閉鎖パッチ剤「TachoSil」を3億5000万ユーロでCorza Health社への譲渡が完了したと発表しました。武田薬品オーストリア リンツに所在する本製品の製造施設を今後も引き続き保有するため、武田薬品が本製品を製造し、Corza Health社に供給する長期の製造供給契約を締結しています。

 

2月4日 2020年度第3四半期の業績公表

2020年度第3四半期の業績発表を行いました。 2020年度第3四半期累計の売上収益について、「エンティビオ」を含むグローバル14製品は増収したものの、事業売却や後発品による影響などで前年同期から919億円減収(-3.6%)の24,275億円となりました。一方、営業利益はシャイアー社買収に関わる会計処理の影響などで前年同期から1,962億円増収(+120.7%)の3,587億円となりました。

 

2月10日 Darvadstrocelを国内製造販売承認申請

「Cx601」(一般名:Darvadstrocel)を非活動期/軽度活動期のクローン病成人患者における肛門周囲複雑瘻孔治療製品として国内製造販売承認申請したと発表した。「Cx601」は健康成人の脂肪組織から抽出し、同種異系の増殖させた脂肪組織由来幹細胞の懸濁液であり、国内では2019年3月13日に希少疾病用再生医療等製品に指定されました。

 

2月15日 パーキンソン病患者さんを対象に「LINE」で情報提供

パーキンソン病の患者さんやその家族を対象に武田薬品LINE公式アカウントを開設しました。公式アカウントを通し、患の基本情報や公的支援制度の紹介、日常生活での注意点など日々の暮らしに役立つさまざまな情報を提供していくとしています。

 

2月24日 Novavax社の新型コロナワクチン 国内P1/2開始

 Novavax社の新型コロナウイルス感染症ワクチン(開発コード:TAK-019)が国内臨床第1/2相試験を開始したと発表しました。本試験は安全性および免疫原性を評価することを目的としています。また、Moderna社の新型コロナウイルス感染症ワクチン(開発コード:TAK-919)は今月初めに国内臨床第1/2相試験の被験者組み入れを終了したとしています。

 

2月26日 糖尿病治療薬を帝人ファーマに継承

糖尿病治療薬4剤(ネシーナ錠、リオベル配合錠、イニシンク配合錠、ザファテック錠)を帝人ファーマに販売移管及び製造販売承認の継承を実施すると発表しました。

 

スポンサーリンク

 

3月

3月4日 Ovid社より希少神経疾薬の開発権及び販売権の取得

Ovid Therapeutics Inc.と2017年に締結していたドラベ症候群またはレノックス・ガストー症候群を含む発達性およびてんかん性脳症の治療薬「soticlestat」(開発コード:TAK 935/OV935)の共同開発・販売契約に関する提携を終了し、グローバルでの開発および販売権を武田薬品が獲得する独占契約を締結したと発表しました。「soticlestat」は武田薬品の湘南研究所で発見されたコレステロール24ヒドロキシラーゼ阻害剤です。

 

3月15日 Moderna社新型コロナワクチンを国内製造販売承認申請

Moderna社の新型コロナウイルス感染症mRNAワクチン(開発コード:TAK-919)を国内製造販売承認申請したと公表しました。申請資料にはModerna社が米国で実施している臨床第3相試験の安全性と有効性の試験も含んでおり、日本で実施中の試験(プラセボ対照臨床第1/2相試験)の成績は5月に揃う予定であり、その後にPMDAへ提出予定としています。

 

www.seiyakunomichi.com

スポンサーリンク