製薬業界への道~技術職からの業界研究~

製薬業界や企業について紹介しているブログです。製薬企業の技術職(研究職・生産技術職・品質試験職)を目指している方の目線で解説しています。

【製薬会社 企業研究】科研製薬株式会社

f:id:Cooperkun:20201213210450j:plain

科研製薬株式会社(以下、科研製薬)は1948年に設立された製薬企業です。ルーツは財団法人理化学研究所であり、2020年9月30日現在、従業員は連結ベースで1,240名です。

 

科研製薬のグループ会社

科研ファルマ(株):医薬品・医薬品原料の他、化粧品や健康食品を扱っています。

 

スポンサーリンク

 

1. 業績

f:id:Cooperkun:20201130232400p:plain

2015年度からの売上高、営業利益、営業利益をまとめました。売上高は年々減少傾向にあることが分かります。しかし、科研製薬は他の製薬企業と比較して営業利益が高いことが特徴です。

f:id:Cooperkun:20201130234512p:plain

科研製薬の2019年度におけるセグメント別売上です。薬業が97%、不動産事業が3%となっています。不動産事業というのは科研製薬のルーツである財団法人理化学研究所を現在の文京グリーンコートに開発し、不動賃貸をおこなっています。

また、地域別の売上として、科研製薬は日本が90%以上をしてめています。

 

2. 製品

f:id:Cooperkun:20201201230917p:plain

科研製薬の主力製品一覧です。「クレナフィン」はカナダ、韓国、台湾、中国に「フィブラストスプレー」は中国、韓国に導出しており、この売上も重要な収益源となっています。詳しい内訳は公表されていませんが、導出によるロイヤリティー収入が科研製薬の高い営業利益に繋がっていると考えられます。今後も「クレナフィン」の海外展開は科研製薬における戦略の一つとなっています。

f:id:Cooperkun:20201201234438p:plain

過去5年間に科研製薬として薬価収載された医薬品一覧あり、リグロス歯科用液キットの一製品のみとなっています。

 

3. パイプライン

f:id:Cooperkun:20201202000723p:plain

科研製薬のパイプライン一覧です。KMW-1は「NexoBrid」、KARは「Sklice」として海外で販売されており、開発が成功する確率は高いと考えられます。KP-607は自社開発品でポストクレナフィンと位置づけられています。

科研製薬では3領域(免疫系・神経系・感染系)を柱とした研究開発テーマへの集中投資、国内外の企業・研究機関との共同研究や戦略的提携等を積極的に進めています。

スポンサーリンク

 

4. 採用・勤務地

2021年度新卒採用では研究職、臨床開発職、薬剤部門職(品質保証)、学術職、MR職、生産部門職、特薬職が募集されていました。

MR職、学術職は全国各支店に配属です。

・本社

 本社は約250名の従業員が所属しており、臨床開発職、薬剤部門職、学術職の配属候補地です。

・京都事業所

 京都事業所は約100名が所属しており、研究職の配属候補地です。

・静岡事業所

 静岡事業所は研究所、工場が集約しています。研究職、生産部門職、特薬職の配属候補地です。

 

 

www.seiyakunomichi.com

スポンサーリンク