製薬業界への道~技術職からの業界研究~

製薬企業の技術職(研究職・生産技術職・品質試験職)を目指している方向けに、製薬業界や職種紹介をしているブログです。製薬業界のCMC(Chemistry,Manufacturing and Control)と呼ばれる分野で働いていますので、工場や製剤研究の立場から製薬業界を語っていきます。 就職活動は学生から社会人になる大きなイベントです。学生の立場ではいくら説明を聞いてもイメージできないことが多いのではないでしょうか。就職活動で業界研究・職種研究をすることで、入社後のギャップを少しでも無くすことができま

【製薬企業研究】田辺三菱製薬株式会社

1. 会社概要

f:id:Cooperkun:20201016200052p:plain

田辺三菱製薬(株)は三菱ケミカルホールディングスを親会社に持つ製薬会社です。2020年に三菱ケミカルホールディングスの完全子会社となりました。

 

主なグループ会社を下記にまとめました。

田辺三菱製薬工場(株):医薬品の製造を担っています。試験分析センター(大阪府大阪市)、小野田工場(山口県山陽小野田市)、吉富工場(福井県築上郡)の3拠点あり、約600名の従業員が働いています。

 

吉富製薬(株):精神科施設を対象とした医療用医薬品のプロモーションをおこなっています。取り扱っている医薬品はこちらを参照してください。

 

2. 売上情報

f:id:Cooperkun:20201016202307p:plain

2015年度から2020年度までの売上高、営業利益、営業利益率を示しています。

2017年までは売上高・営業利益は安定していましたが、2018年より減少傾向がみられます。さらに、2019年度は営業利益が-60億円の赤字になっています。

この赤字は連結子会社であるメディカゴ社が季節性インフルエンザ予防として開発していた植物由来VLPワクチンの開発を中止したことによる無形資産(仕掛研究開発)の約240億円を減損損失をして計上したためです。

2020年度の決算予想では売上高は2019年度と同水準、営業利益は100億円を見込んでいます。

 

f:id:Cooperkun:20201016203401p:plain

2018年度のセグメント別売上をまとめました。2019年度は田辺三菱製薬(株)の完全子会社化により発表されていません。

国内医療用医薬品が70%を占めており、ロイヤリティー収入、海外医療用医薬品と続いております。

 

f:id:Cooperkun:20201016204311p:plain

2018年度の地域別売上を上記に表示しています。先ほどにも示したように日本が73%と田辺三菱製薬(株)は日本市場での売上を軸にしています。13%の欧州、9%の北米、5%のアジアとなっています。

米国事業では2017年に発売したALS治療薬「ラジカヴァ」が販売拡大され270億円のしゅうえきをあげています。「ラジカヴァ」は順次、展開国の拡大を図っており、カナダ、スイスで承認を取得しています。

 

3. 製品

f:id:Cooperkun:20201016213822p:plain

国内医療用医薬品の重点をまとめ、売上高、再審査期間終了日を記載しています。

日本の売上が約3000億円ということから、レミケード、シンポニーの売上は大きいですが、一つの製品によって支えられているわけではないことが分かります。

売上上位3つのレミケード、シンポニー、ステラーラはバイオ医薬品であり、田辺三菱製薬(株)は積極的にバイオ医薬品にも参入しています。しかし、この3製品はヤンセン社からの導入品であり、田辺三菱製薬(株)が製造販売業者として承認を取得しているのはレミケードのみであり、MR以外の職種で直接携わる可能性は少ないでしょう。

 

f:id:Cooperkun:20201017190614p:plain

 

ここ5年間で発売された医薬品の一覧です。新薬としてバフリオ、剤形・規格追加としてテネリア、バリキサが発売されました。

 

4. パイプライン

f:id:Cooperkun:20201018000819p:plain

国内開発品のパイプラインを上記に記載しました。

上記の一覧から自社創薬品の比率がかなり高いことが分かります。研究開発にもしっかり投資をおこなっている結果が表れています。MT-2990はバイオ医薬品であり、バイオ医薬品にも挑戦していることが分かります。研究職、開発職で入社される方は上記の自社創薬品に関わっていく方も多いのではないでしょうか。

 

5. 採用・勤務地

田辺三菱製薬(株)が募集している職種は技術研究職、開発職、データサイエンス職、MR職です。

 

MR職は全国の営業所に配属されます。

 

・本社、東京本社

 本社、東京本社はともに開発職、データサイエンス職が配属される事業所となっています。

 

・横浜事業所、湘南事業所

 横浜事業所、湘南事業所は技術研究職の中でも創薬研究をする人たちの所属場所です。

 2019年に戸田事業所が閉鎖されたため、湘南事業所を拠点の一つとしています。ただし、プレスリリースには「2019年5月より一定期間、湘南アイパーク(神奈川県)を研究拠点として~」と書かれており、一定期間というのは気になります。

参照:https://www.mt-pharma.co.jp/news/assets/pdf/MTPC190411.pdf

 

・鹿島事業所

 鹿島事業所は技術研究職の技術研究職の人が配属されます。しかし、2021年に鹿島事業所は閉鎖され、山口県に小野田事業所が新設されます。現在、山口県の小野田市田辺三菱製薬工場(株)の拠点があり、より強固に工場と連携し業務を進めていくのでしょう。