製薬業界への道~技術職からの業界研究~

製薬企業の技術職(研究職・生産技術職・品質試験職)を目指している方向けに、製薬業界や職種紹介をしているブログです。製薬業界のCMC(Chemistry,Manufacturing and Control)と呼ばれる分野で働いていますので、工場や製剤研究の立場から製薬業界を語っていきます。 就職活動は学生から社会人になる大きなイベントです。学生の立場ではいくら説明を聞いてもイメージできないことが多いのではないでしょうか。就職活動で業界研究・職種研究をすることで、入社後のギャップを少しでも無くすことができま

製薬企業の職種解説【概要編】

職種の理解は就職活動を制する上での必要条件です。

 

そんな話をすると、「あたりまえ」「言われなくともやっている」などという意見が聞こえてきます。

しかし、本当に職種の理解を出来ている人はどのくらいいるでしょうか?

 

「職種」と一言で言ってもA社、B社、C社の業務内容が同じということはあり得ません。

一般的に中堅企業では幅広い業務、大企業では専門に特化した業務をすることになるでしょう。このように企業毎の職種を理解することは就職活動をしていく上で重要です。

それでもあなたは職種の理解が出来ていると言えるでしょうか??

 

そこで、今回は製薬企業の職種概要を解説していきます。

 

1. はじめに

ビルのイラスト(建物)

製薬会社は大きく分けて次の三つの業務内容に分類できます。

薬の承認をとる部署

薬を造る部署

薬を売る部署

 

あなたが目指している職種も上記のいずれかに当てはまるでしょう。

 

それでは、この三つの仕事内容を詳しく説明していきます。

 

2. 薬の承認をとる部署

f:id:Cooperkun:20200829170511p:plain
会社というのは大きくする(成長すること)ことが重要であり、求められています。

そのために必要なことは新製品を出し続けることです。

新製品を販売するには当局(PMDA)の認可が必要であり、 「薬の承認をとる部署」というのは新製品の販売の許可を取得するために必要な部署です。

 

 

こちらの部署は研究、開発、品質保証、薬事、戦略などの部署が関わってきます。

研究」は有効成分を見つけ、それを人に効くようにクスリの形にする部署です。研究職については別の記事で詳しく解説しています。

開発」は研究によって形になったクスリを人に投与すること安全性・有効性を検証する部署です。新薬の場合、健康成人での安全性確認➡少数の患者さんでの安全性・有効確認➡多数の患者さんでの安全性・有効性の確認と段階を経て開発されます。

品質保証」は研究や開発で出たデータが出ます。そのデータからクスリの安全性・有効性の証明をおこないます。この説明が正しくできているか、抜けがないかなどのチェックをする部署です。

薬事」は申請に必要なデータや資料があるかを確認し、PMDAとの対応をおこないます。基本的に会社とPMDAを繋ぐ役割です。

戦略」は新製品(ポートフォリオ)の管理、導入・導出の判断などをおこないます。

 

www.seiyakunomichi.com

 

3. 薬を造る部署

f:id:Cooperkun:20200829181227p:plain

薬を製造する部署であり、多くの人が工場勤務になります。

また、GMP(Good Manufacturing Practice)組織に組み込まれます。

医薬品というのは他業種よりもより厳しい基準で製造されています。

 

こちらの部署は製造生産技術品質試験品質保証などの部署が関わってきます。

 「製造」は薬を製造する部署です。手順書(SOP)を確認しながら、丁寧に造っていきます。

 「生産技術」は製造方法の変更・新製品の導入を「製造」の人たちと一緒におこないます。SOP通り行えば、一定の品質の薬が造れるようにする業務をします。

 「品質試験」は原薬の受け入れ試験、出荷前の試験を担当します。また、製造時に工程ごとの検査も行い、製品がきちんと造れているかのチェックをします。 

品質保証」は品質試験で行われた試験の結果をチェックし、クスリが問題なく製造できたかの確認をします。

 

www.seiyakunomichi.com

 

4. 薬を売る部署

セールスマンのイラスト

会社としては薬を造っているだけでは、利益になりません。

いくら優れている薬があっても、きちんと営業しなければ競合製品にシェアを取られてしまいます。

 

こちらの部署は営業、MSL、ファーマコビジランスなどが関わってきます。

営業」は病院や薬局で薬の説明し、自社製品の良さをアピールします。医療従事者に製品を理解してもらうことで、患者さんに利用してもらえます。

MSL」は科学的な観点で医療従事者に情報を提供します。営業との違いは販売促進を目的とせず、公平な情報提供が必要とされます。

ファーマコビジランス」はより薬の安全に使用してもらうために関わってくる部署です。製薬会社は薬を売ることがゴールではありません。薬が認可され、多くの患者さんが服用することで多くの知見が得られることもあります。その情報を適切に管理し、医療従事者に提供することが求められます。

 

まとめ

製薬会社の職種について概要を解説しましたが、理解していただけたでしょうか。

もちろん、役割がまたがっている部署もありますし、会社によって業務が異なることも当然あります。

 

新卒で募集している職種は会社に存在する部署のごく一部です。

そのため、最初に所属した部署に定年まで所属することは少数です。

キャリアプランはある部署にずっと所属し、マネージャーになることもありますが、その他の部署に異動し新たな経験を積むというのも選択肢の一つです。

そこで、気になる部署については詳しく調べ、自分のキャリアに参考にしてください。