製薬業界への道~技術職からの業界研究~

製薬業界や企業について紹介しているブログです。製薬企業の技術職(研究職・生産技術職・品質試験職)を目指している方の目線で解説しています。

【製薬会社 企業研究】科研製薬株式会社の特徴

科研製薬の企業研究です。科研製薬株式会社(以下、科研製薬)は1948年に設立された製薬企業です。ルーツは財団法人理化学研究所であり、2020年9月30日現在、従業員は連結ベースで1,240名です。

【製薬会社 企業研究】持田製薬株式会社の特徴

持田製薬の企業研究です。持田製薬株式会社(以下、持田製薬)は1945年設立し、東京に本社を置く製薬企業です。循環器・産婦人科・皮膚科・精神科・消化器の5領域に特化して事業をおこなっています。2020年3月現在...

【製薬会社 企業研究】キョーリン製薬ホールディングス株式会社(杏林製薬株式会社)の特徴

キョーリン製薬ホールディングスの企業研究です。キョーリン製薬ホールディングス株式会社(キョーリンHD)は杏林製薬株式会社(杏林製薬)やキョーリンリメディオ株式会社(キョーリンリメディオ)、キョーリン...

【製薬会社 企業研究】日本新薬株式会社の特徴

日本新薬の企業研究です。日本新薬は株式会社(以下、日本新薬)は1919年創立の京都に本社を置く製薬会社です。日本新薬は国産初の核酸医薬品「ビルトラルセン」を2020年に発売しました。2020年3月末現在、従業員は...

【製薬会社 企業研究】株式会社ツムラの特徴

ツムラの企業研究です。株式会社ツムラ(以下、ツムラ)は1936年に設立し、漢方で国内医療用漢方製剤市場トップとなっている製薬会社です。2020年3月31日現在、従業員は連結ベースで3,840名、単体ベースで2,534名です。

【製薬会社 企業研究】久光製薬株式会社の特徴

久光製薬の企業研究です。久光製薬株式会社(以下、久光製薬)は1944年に設立し、「サロンパス」などの湿布薬で有名な製薬会社です。従業員は2020年2月末現在、連結ベースで2,745名、単体ベースで1,569名です。

【製薬会社 企業研究】Meiji Seika ファルマ株式会社の特徴

Meiji Sika ファルマの企業研究です。Meiji Sika ファルマ株式会社(以下、Meiji Seika ファルマ)は1916年に設立し、お菓子やアイス、乳製品等で有名な株式会社明治と同じ明治グループに属する製薬企業です。「明治」と聞くと食品部門のイメージが強

【製薬会社 企業研究】参天製薬株式会社の特徴

参天製薬の企業研究です。参天製薬株式会社(以下、参天製薬)は1925年設立した眼科領域に特化した製薬企業です。2020年3月31日現在、従業員は連結ベースで4,108名です。

【製薬会社 企業研究】大正製薬株式会社の特徴

大正製薬の企業研究です。大正製薬株式会社(以下、大正製薬)は1928年に設立された製薬企業です。”ファイト一発!”の「リポビタンD」を販売しています。リポビタンDのようなOTC医薬品以外にも、医療用医薬品の事業を...

【製薬会社 企業研究】小野薬品工業株式会社の特徴

小野薬品の企業研究です。小野薬品工業株式会社(以下、小野薬品)は1947年設立の製薬会社です。本庶佑先生がノーベル賞を受賞するきっかけとなった「オプジーボ」を販売していることで有名...

【製薬会社 企業研究】協和キリン株式会社の特徴

協和キリンの企業研究です。協和キリン株式会社(以下、協和キリン)はキリンホールディングスの子会社で、2008年に旧キリンファーマと協和発酵が合併して協和発酵キリンが発足しました。2019年に協和発酵キリンから...

【製薬会社 企業研究】大日本住友製薬株式会社の特徴

大日本住友製薬の企業研究です。大日本住友製薬株式会社(以下、大日本住友製薬)は2005年に旧大日本製薬が旧住友製薬と合併した製薬企業です。住友化学(株)を親会社にもつ製薬企業です。住友化学は...

【製薬会社 企業研究】第一三共株式会社の特徴

第一三共の企業研究です。第一三共株式会社(以下、第一三共)は2005年に旧第一製薬と旧三共が合併し設立されました。「第一三共胃腸薬」や「ルル」などCMでおなじみの製品はグループ会社である第一三共ヘルスケアが...

【製薬会社 企業研究】塩野義製薬株式会社の特徴

塩野義製薬の企業研究です。塩野義製薬株式会社(以下、塩野義製薬)は1978年に創業し、感染症治療薬を通じて発展してきました。近年では従来とは作用機序の異なる...

【製薬会社 企業研究】中外製薬株式会社の特徴

中外製薬の企業研究を行っています。中外製薬株式会社(以下、中外製薬)は1943年に設立し、2002年にロシュとの戦略的アライアンス締結により大きく成長している...

【製薬業界・医薬品】CMO(CDMO)とは?

CMOとはContract Manufacturing Organizationの略称で医薬品製造受託機関のことを指します。また、製剤開発から受託するとして「Development」を加えたCDMOというのも存在します。この記事ではCMO(CDMO)の業界について解説していきます。 CMO(CDMO)市場の…

【製薬会社 企業研究】エーザイ株式会社の特徴

エーザイの企業研究をおこなっています。エーザイ株式会社(以下、エーザイ)はヒューマンヘルスケア(hhc)を理念に掲げている製薬会社です。1941年に設立し、2020年3月現在...

【製薬会社 企業研究】アステラス製薬株式会社の特徴

アステラス製薬の企業研究です。アステラス製薬株式会社(以下、アステラス製薬)は山之内製薬と藤沢薬品が2005年に合併し発足した製薬企業です。2020年3月31日現在、連結ベースで15833人の従業員が所属して...

【製薬会社 企業研究】武田薬品工業株式会社の特徴

武田薬品の企業研究です。武田薬品工業株式会社(以下、武田薬品)は世界トップ10に入る製薬企業です。1781年に創業し1954年にアリナミンを発売、DDS製剤である「リュープロレリン」を開発、現在では...

【医薬品】導入品・導出品・共同開発品とは

新薬開発の成功確率が三万分の一といわれている昨今、新薬を自社のみでおこなうのは簡単なことではありません。そこで、製薬企業がベンチャー企業から医薬品候補化合物を買ったり、海外企業と販売権の売買などをすることで、自社にとって効率の良い収益化を…

医薬品の剤形一覧【医薬品分類】

近年では様々な剤形の薬が認可されています。当局によって定められている日本薬局方(局方)では投与経路や適用部位に大別し、形状、機能、特性で細かく分類されています。 全ての種類を覚える必要はありませんが、会社が得意としている剤形など、企業研究に…

【動画あり】医薬品の製造方法~錠剤・固形製剤~

「クスリ」と聞いたとき、皆さんは何を想像しますか? 多くの方は、錠剤(経口固形製剤)ではないかと思います。 2018年の医薬品剤形分類別生産金額を割合を調べると錠剤が約半数を占めており、よく知られた剤形であることが分かります。 今回はその錠剤(経…

【製薬業界・製薬会社】工場での職種・仕事内容を解説

医薬品の工場の機能は大きく分けて二つあります。一つは医薬品を造る「製造」、そして、医薬品の品質を保証する「分析」です。 製剤研究から商用生産までは「製造」と「分析」の二つの観点から医薬品が支えられており、具体的な職種としては下記の図のように…

【製薬業界・製薬会社】研究職の仕事内容を解説

研究職とは「薬を申請するための部署」に属します。名前の通り、薬についてあらゆる角度から研究する職種です。専門性が求められるため修士号や博士号を取得している学生が採用対象となっています。今回は研究職の仕事内容を分野ごとに解説していきます。 そ…

【製薬業界】製薬会社の職種一覧を解説

職種の理解は点でなく面でおこないましょう。 就活生を見ると希望職種はしっかり調べていますが、理解は浅いです。 大学の研究室配属時も「想像と違った!」という経験者は多いではないでしょうか? なぜなら、「自分の興味のあることや知っている言葉」でし…

【製薬会社 企業研究】田辺三菱製薬株式会社の特徴

田辺三菱製薬の企業研究です。田辺三菱製薬株式会社(以下、田辺三菱製薬)は2007年に旧田辺製薬と三菱ウェルファーマが合併してできた製薬会社です。2020年に三菱ケミカルホールディングスの完全子会社と...

国内に参入している外資系製薬のまとめ・一覧

国内には外国法人又は外国人が一定以上の出資をしている外資系と呼ばれる製薬会社があります。外資系企業にとって日本の法人はあくまで拠点の一つとなっており、会社によっても日本法人の立ち位置は大きく異なります。そこで、今回は国内外資系製薬会社の特…

製薬会社で薬剤師免許は必要?薬剤師免許が必須な職種とは

薬剤師は「薬の専門家」を示す国家資格です。病院や薬局、ドラッグストアに薬剤師が在籍していることは多くの人に知られていますが、製薬会社に勤める上で必要な資格なのでしょうか。今回はこの疑問について解説していきます。 薬剤師になるためには? 製薬…

製薬会社のリストラ・早期退職制度の実態

数十年前では安定した業界と言われていた製薬業界ですが、近年では「早期退職制度」が多くの会社で実施され、将来性に不安を感じている人も多いのではないのでしょうか。週刊東洋経済の2020年12月19日号では「製薬 大リストラ」というタイトルでMRと各製薬会…

【業界研究】国内の大手製薬会社 まとめ

医薬品業界は病院や薬局で処方される「医療用医薬品」とドラッグストアなどで購入する「一般用医薬品」、原料などの「その他」に大別できます。そして、2019年度の各分類ごとの売上高を比較すると「医療用医薬品」が医薬品業界の92%を占めており、多くの人に…